ポーカーのフォールドとは?やり方やフォールドする基準を解説

もくじ
Kazama Shin
by Kazama Shin

ポーカーの「フォールド」は、ゲームの勝負から降りたい時に使うポーカーの基本アクションのひとつです。

 

この記事はこんな人にぴったりです

  • フォールドとは何かがそもそもわからない

  • フォールドのやり方を知りたい

  • フォールドをする基準やタイミングが知りたい

 

おすすめのオンラインカジノ入金不要ボーナスも参考にしてください!

 

ポーカーのフォールドとは

ポーカーのフォールドとは、勝負から降りることです。

勝負しても勝ち目がないと判断した時のアクションであり、それまで賭けていたチップはすべて放棄することになります。

フォールドは「ドロップ」あるいは「ダウン」とも呼ばれます。

 

フォールド(Fold)の意味は、英語で「折り曲げる」や「折りたたむ」という意味ですが、日本では「店をたたむ」というようなビジネス用語としても用いられます。

さらに転じてポーカーでは、勝利する権利を放棄する行為として「勝負から降りる」アクションとして用います。

 

フォールドの方法

フォールドする場合には「フォールド」と声に出して宣言し、手札は裏向きのままマックする(カードを捨てる)か、ディーラーに渡します。

カードをほかのプレイヤーに見せるのは禁止されているので、必ず見られないよう配慮することが必要です。それまでベットした(賭けた)ポットに積まれたチップはそのまま没収されます。

 

オンラインポーカーの場合には「フォールド」ボタンがあるので、それをクリック(あるいはタップ)するだけでアクションを行います。

ベットしたチップはそのまま没収されます。自分の番が回ってくる前にフォールドボタンにチェックを入れておけば、順番が来たら自動的にフォールドします。

     

    フォールドをする基準

    フォールドをするべきタイミングと、その判断基準をテキサスホールデムポーカーのベットラウンドごとに解説します。

     

    フォールドするタイミング

    プリフロップでは、コールかフォールドを選ぶことになるので、ハンドが弱いと判断したらフォールドしておきます。

    オンラインポーカーであれば、順番が回ってくる前にフォールドを選択できます。

    一方で、フロップ以降は基本的にチェックで回ってきたら、ハンドが弱くてもチェックで回せるのでフォールドはしません。コストを支払うことなくターン・リバーへと移ることができれば、勝機が生まれるからです。

    ベットあるいはレイズで回ってきた時には、ハンドが弱いと判断すればフォールドを選択します。

     

    プリフロップ

    プリフロップでは、SB(スモールブラインド)かBB(ビッグブラインド)はチェックで回ってきたならばフォールドはしないほうがよいでしょう。

    ゲームに参加するためのコストをすでに支払っているため、SBなら0.5bb(ブラインド)をベットし、BBはコールします。

    それ以外のポジションの場合、次のハンドを除いてフォールドするとよいでしょう。

    • 「AA」「KK」「QQ」「JJ」以外のペア
    • 「10」以上の連番あるいはスーテッド以外

     

    連番でも「56」や「89」などはストレートが狙えますが、より強いカードを持つプレイヤーもストレートを完成させていたら負けてしまいます。

    またフラッシュも同様に強いカードを持つフラッシュを完成させたプレイヤーには負けるので、「10」以上のスーテッド(同じマークのハンド)で勝負を続けるのがおすすめです。

     

    フロップ

    フロップでは3枚のコミュニティカードが開きます。フロップ時点で少なくともJ以上のワンペアがなければ、チェックかフォールドのどちらかを選択します。

    ただし、あと1枚のスーツでフラッシュあるいはストレートが完成するなら、ポットオッズをみてコールかレイズをしましょう。

     

    ターン、リバー

    ターンやリバーでは、自分がツーペア以下で、相手プレイヤーがスリーカードやストレート、フラッシュが出来ている可能性があればフォールドします。

    たとえばコミュニティカードが次のような状況の時です。

    • A♦︎A♣︎6♦︎9❤︎(あと1枚の「A」でスリーカード)
    • 9♠︎10♠︎A♠︎2♠︎(あと1枚の「♠︎」でフラッシュ)

    あるいは慣れてくれば勝率とポットオッズによりフォールドするか否かを決めます。

     

    たとえば、ほかに2人のプレイヤーがいる次のような場合、

    • ハンド 8♠︎Q♠︎
    • コミュニティカード 4♠︎5♦︎5❤︎5♠︎

     

    勝率は17.57%となっています。よってポットオッズが6倍以上ならゲーム続行しますが、6倍未満ならフォールドします。

    たとえば自分がベットしたチップの総額が100ドルでポットが600ドルであれば、期待値がプラスになるので勝負を続けます。

    フォールドの例

     

    フォールド以外の基本アクション

    フォールドの以外のポーカーアクションは以下のとおりです。

    • ベット:チップを賭けること
    • チェック:チップを賭けずにパスをすること
    • コール:前のプレイヤーと同額を賭けること
    • レイズ:賭けるチップ額を増やしてベットすること
    • オールイン:持っているチップすべてを賭けること

     

    まとめ

    ポーカーでフォールドは勝つ可能性が低い時に選択するアクションとなります。

    無闇に勝負回数を増やすとチップが減り続けるので、できる限り優位性のある時以外はフォールドするようにしましょう。

     

    フォールドをマスターしてポーカーで勝てるようにしよう!

     

    お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

    登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。