インカジとは?オンカジとの違いや摘発例も解説!

もくじ
Ai Ehara
by Ai Ehara
インカジ

インカジは、日本国内の店舗でインターネット上で遊ぶカジノをプレイさせて違法に経営されている賭博場のことです。

この記事では、インカジとは何か、インカジとオンカジの違い、インカジの危険性について解説しています。

また、インターネット上でギャンブルを安全に楽しむ方法についてもご紹介しています。

 

インカジとは

インカジでは、日本国内にある店舗を利用してインターネットを通してカジノゲームができる場所を提供しています。

インターネットを介してギャンブルを行う点ではオンカジと同じですが、一番大きな違いは日本国内にある店で、店が用意したコンピューターを使ってお客にカジノゲームを遊ばせるという点です。

提供されているカジノゲームも違法なソフトウェアが利用されてる場合が多く、遠隔操作で勝てなくしたり、イカサマが行われている可能性も多いのです。実態は違法な賭博場ですね。

また、店舗内で現金精算をすることも特徴です。

日本国内では、公営ギャンブル以外で金銭のやり取りが生じる賭博は禁止されています。インカジは運営している店舗側も、客も取り締まられることになります。

 

そして、「インカジ」は多くの場合、大きな繁華街や歓楽街の中に看板などを出さずにひっそりと営業しています。

東京であれば歌舞伎町や池袋、大阪であれば道頓堀や心斎橋、名古屋であれば錦町など、主に口コミ(キャッチ)で集客を行っています。

 

インカジの仕組み

インカジでは、店舗の受付でお金を支払ってゲームで使用するチップ(クレジット)を購入し、店舗内に置かれたパソコンでカジノゲームをプレイします。

海外のオンラインカジノを店舗内で提供したり、カジノアプリでゲームを提供したりとあるようです。

そして、縛りとよばれる換金に関する条件や出金限度額が厳しく設けてあり、簡単には換金できないというのが実状。

インカジでは、勝利した場合の払い戻しなども含め、すべての精算が日本国内の店舗内で完了します。

 

  • サービス内容:インターネット上でカジノゲームの提供

  • 運営形式:インターネットカジノができる場所(店舗)を提供する

  • 運営会社:日本の会社もしくは個人

  • 決済方法:店舗で現金精算

  • ゲームの種類:バカラ、スロットなど

 

インカジとオンカジの違い

オンラインカジノもインターネットを経由してパソコンやスマートフォンなどでプレイするので、オンカジもインカジも同じような気がしてしまいます。

しかし、実はオンカジとインカジは全く違うものです。オンカジとインカジの間にはどのような違いがあるのでしょうか?

  インカジ オンカジ
店舗 日本国内 なし
運営ライセンス なし 海外政府や自治体の合法ライセンス
運営場所 日本国内 海外
違法性 賭博場開帳等図利罪/風営法違反 取締る法律はない

 

オンカジは海外で合法的に運営されているカジノ

オンカジは、オンラインカジノの略で、インターネット上でプレイするカジノです。

オンカジもインカジも同じインターネット上なのにオンカジは違法ではないのでしょうか?

結論を先に言えば、違法ではありません。

確かに日本では公営ギャンブル以外は違法とされていますが、賭博罪は運営側とプレイ側の両方が、日本国内に存在することが大前提となります。

ギャンブルが合法である海外の国や地域で運営されているオンラインカジノへの参加は、海外旅行でラスベガスなどのカジノでプレイするのと同様な解釈となり違法性を問われることはありません。

また、ほとんどのオンラインカジノの運営している会社は、所在地で厳しい審査を経た公認ライセンスを取得して運営されている企業です。

詳しくは『オンラインカジノは違法or合法? 日本での事情を解説します』を参考にしてください。

 

インカジが違法とされる根拠

日本では競馬や競輪、競艇などの公営ギャンブル以外は違法賭博とされています。

知人が集まって麻雀やゴルフなどのゲームにお金をかけても違法です。インカジを利用した場合には提供した店舗側だけではなく、プレイした客も罪に問われることになります。

 

店舗側が問われる罪とは

インカジを運営した店舗側は、賭博場開帳等図利罪および風営法違反に問われます。

 

 
 

刑法第186条第2項 賭博場開帳等図利罪

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用元:e-gov法令

 

 
 

風営法:遊技場営業者の禁止行為 第二十三条 一項 現金又は有価証券を賞品として提供すること。二項 客に提供した賞品を買い取ること。

引用元:e-gov法令

賭博場開帳等図利罪では、賭博を客にさせることを目的で店舗を運営することが罪になります。

また、風営法では、利用する客に対して賞品として現金を提供すること、また、賞品を現金化することも罪になります。

 

客側が問われる罪とは

インカジを利用した客側は賭博罪に該当します。

 
 

賭博罪 刑法第186条第1項 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。

引用元:e-gov法令検索

 

ここでいう賭博とは、金品を賭けて勝負を争うことを意味します。

少し難しい法律の条文をご紹介しましたが、インカジのような賭博場は、運営している会社も利用した客も両方とも法律違反となります。

そのためインカジは「裏カジノ」や「闇カジノ」など、いかにも怪しい名前で呼ばれることもあります。

 

インカジの摘発事例

インカジと呼ばれる違法カジノは実際に摘発された事例も少なくありません。実際にあった摘発事例をご紹介します。

 

2017年 大阪のインカジ摘発事例

心斎橋にあるインカジ「01(ゼロワン)」が摘発され、賭博罪の疑いにより利用客14名、賭博開帳図利罪で運営会社代表1名が現行犯で逮捕されました。

バカラを中心に利用客から手数料を徴収していました。

 

2021年 東京のインカジ摘発事例

大田区蒲田にあるインターカジノ店が摘発されました。

店内に設置したパソコンで客にポーカー、ブラックジャック、ルーレットなどを客にプレイさせ半年間で1億円以上を売り上げていました。

来店客は既存客からの紹介に限定し発覚を防いでいた模様です。

 

カジノはオンラインカジノで楽しもう

オンカジは合法、インカジは違法、同じインターネットを経由したカジノゲームでも大きな違いがあります。

しかし、合法とされるオンラインカジノでも違法となる恐れが一つだけあります。それは、「公然性」です。

賭博罪とは風紀に対する罪とされ、公の場で複数の人数によって行われると摘発対象となり、これを公然性と呼びます。

オンラインカジノに参加することは違法にあたらないとしても、その行為をSNSなどで紹介し参加を誘うような行為は違法と見なされる恐れにつながります。

運営ライセンスを保持しているオンラインカジノで、自宅のパソコンや個人のスマートフォンから趣味として楽しむようにしましょう。

 

ニュース&ブログ

トーテムガーディアンズドリームドロップ
最大倍率5,000倍!Relax Gamingから最新スロットTotem Guardians Dream Dropがリリース!
2024年3月 | by Hanbee Ohta
続きを読む
ノーリミットシティ Possessed
Nolimit Cityが新作ゲーム「Possessed」をリリース!ホラーテーマのスロットの集大成
2024年3月 | by Hanbee Ohta
続きを読む
プレイテック ミリオネア
PlaytechがSONY Pictures Televisionとのパートナーシップ延長を発表
2024年2月 | by Hasumi Ayumu
続きを読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。