マカオの9月のカジノ収益は前年比90%減少【ニュース記事】

  1. オンカジナビ 
  2.  ブログ 
  3.  macau casino after corona
マカオの街並み

マカオ政府博彩監察協調局が2020年10月1日に発表したデータによると、9月のカジノにおける収益は前年同月比90%減となったそうです。

それでも8月の収益である13億3千万MOP(マカオ・パタカ)と比べると66.2%増加の22億1千万MOP(およそ293億円)となりました。これは8月下旬にビザが再開されたことにより、隣接する広東省からの訪問者が増えたことが理由とみられています。

現在マカオでは、カジノ入場時にマスクの着用と検温、有効な健康カード(直近の滞在歴や新型コロナ患者との接触歴の有無、発熱や咳といった症状の有無、そして連絡先を入力して生成されるもの)、さらに新型コロナウイルス核酸検査(PCR検査)の陰性証明の提示が必要です。

 

マカオのカジノが新型コロナウイルスPCR検査スポットを開設

カジノ入場時には健康カードやPCR検査の陰性証明を提示する必要がありますが、そのウィルス検査結果には有効期限があります。

そこでマニラでカジノを運営する6社が民間検査認証会社と組んで、それぞれの施設内にインバウンド旅客向けのウイルス検査スポットを開設しました。マカオ政府はすでに市内5カ所に検査スポットを開設していましたが、このカジノ運営会社が開設した検査スポットを認可しています。

政府運営の検査スポットは事前予約が必要ですが、カジノIRに設置された検査スポットはその必要がなく、ウォークインで利用できます。

 

毎年恒例の「ギャンブル依存に関する認知拡大プロモーション」活動を展開

日本におけるIR設置において、ギャンブル依存症への対応は重要な要件となっています。マカオでは毎年、「ギャンブル依存に関する認知拡大プロモーション」活動を展開しています。

2020年も9月23日から「レスポンシブルゲーミングプロモーション2020」の展開をスタートしました。レスポンシブルゲーミングとは、ギャンブル依存の予防と治療対策のことです。

12月までの期間中は、関連社会福祉機関やギャンブル業界が地域コミュニティにおける認知拡大のため、さまざまなイベントを開催することになります。

 

コロナ禍のマカオカジノ業界で日本企業が奮闘

マカオのカジノ施設に日本企業のスロットマシンが今年4月にデビューしました。日本のゲーミング関連機器開発メーカーLT GAME JAPAN株式会社と株式会社バンダイナムコアミューズメントが共同プロジェクトにより開発、製作した「TEKKEN VIDEO SLOT」です。その名のとおり、3D対戦格闘ゲーム『鉄拳シリーズ』がテーマとなっています。

ほかにもセガサミークリエイションによるリンク・ジャックポット・シリーズである『Volcano Link™』シリーズが8月24日、マカオの大型IRのカジノ施設で稼働を開始しています。

 

おすすめカジノ - 6月

オンラインカジノ名
ユーザー評価
ウェルカムボーナス
 
144+ ユーザーの評価
当サイト限定!最大
$500
200回フリースピン+20回スーパースピン
153+ ユーザーの評価
無料フリースピン
20回
新規登録するだけ!
114+ ユーザーの評価
無料登録ボーナス
2000円
新規登録するだけ!
112+ ユーザーの評価
無料ボーナス
10ドル
新規登録するだけ!
143+ ユーザーの評価
無料フリースピン
25回
新規登録するだけ!
149+ ユーザーの評価
無料でもらえる
$20
新規プレイヤー限定!
113+ ユーザーの評価
登録すると無料でもらえる
3000円
新規プレイヤー限定!
おすすめカジノをもっと見る

最大1万円キャッシュバック +最高
5万円
+180フリースピン
入金ボーナス 最高
13万円6千円
スロット特典
最大
10万円
+計100回フリースピン
スペシャルボーナス
Lucky Niki Casino Logo
Lucky Niki Casino
最高
999ドル
入金ボーナス
Casumo Casino Logo
Casumo
最大
$1000
+300回フリースピン
CAXINO Casino Logo
CAXINO
無料フリースピン
25回
新規登録するだけ!
Konibet Casino Logo
Konibet
無料でもらえる
$20
新規プレイヤー限定!

最新オンラインカジノ情報&業界ニュース