ベーシックストラテジーでブラックジャックを攻略!【表・練習問題付き】

もくじ
Keita Maruyama
by Keita Maruyama
ベーシックストラテジーを解説

ブラックジャックで勝ちたいなら、必ず学ぶべきなのが「ベーシックストラテジー(基本戦略)」です。

ブラックジャックのルールを理解したら次に、ベーシックストラテジーを覚える必要があります。

ベーシックストラテジーに従ってプレイをしていけば、一気に勝率を引き上げることが可能になり、誰でも簡単に理論上の勝率を最大まで引き上げることができます。

ブラックジャックはカジノゲームの中で最も稼ぎやすいゲームとして知られており、理論に基づき完璧なプレイができると、還元率がカジノゲーム中で最も高い99%に達すると言われています。

この記事では、ブラックジャックを攻略する上で欠かせない「ベーシックストラテジー」の表を使った覚え方から練習問題をわかりやすく解説しています。

 

 

オンラインカジノのボーナス入金不要ボーナスも一覧でまとめています。

 

ベーシックストラテジーとは

ベーシックストラテジーは、ブラックジャックで勝つためにプレイヤーがするべき最善のアクションを分かりやすくまとめた戦略です。

ベーシックストラテジーは「ストラテジーチャート」という表によって記されており、

ヒット(カードを引く)、スタンド(カードを引かない)、スプリット(カードを2ハンドに分ける)、ダブルダウン(ベット額を倍にする)を理論に則って判断することが出来ます。

英語ではBasic(基本)Strategy(戦略)と呼ばれているように、ブラックジャックの勝率を最大化するために生み出された攻略法です。

 

ベーシックストラテジー表の見方

まずは、ブラックジャックの表(ストラテジーチャート)の見方を理解していきましょう。

オンカジならストラテジーチャートを見ながら落ち着いてプレイできるので、一度理解してしまえば役に立つこと間違いなしですよ!

下記にあるのが、手札ごとの最適解のアクションを示したストラテジーチャートです。

ブラックジャックのベーシックストラテジー 表

左の縦列に書いてある「8以下~17以上」の数字がプレイヤー(自分)の手札の合計値を表しています。

上段の横列に書いてある「2~A」の数字がディーラーのアップカード(オープンカード)を表しています。

自分の手札とディーラーのアップカードを元に表を辿っていくと、「H」や「S」といったアルファベットがプレイヤーの取るべきアクションを略称で示しています。

 

アルファベットの示すアクションは以下の通りです。

  • 「H」...ヒット
  • 「S」...スタンド
  • 「D」...ダブルダウン
  • 「P」...スプリット
  • 「R」...サレンダー

 

ストラテジーチャートの種類

ストラテジーチャートは全部で3種類あります。

ベーシックな表だけを参考にしても良いのですが、全てを使うことでより効果的に勝率を上げられるので、この機会に覚えておきましょう。

 

ハードハンド

ハードハンドは、手札にある「A」を「1」としてカウントする際や、そもそも「A」が手札に無い時に使われる最も使用頻度の高いストラテジーチャートです。

一部の組み合わせでサレンダーが推奨されている場合がありますが、オンカジのブラックジャックではそもそもサレンダー自体できないことが多いので、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

ソフトハンド

ソフトハンドは、手札にある「A」を「11」としてカウントする際に使用されるストラテジーチャートです。

この数え方が出来る手札は基本的に強いことが多いので、ヒットやダブルダウンの割合がハードハンドよりも多くなっています。

 

スプリット

スピリットは、最初の手札に同じ数字のカードが来た時のみ使用される、非常に限定的なストラテジーチャートです。

スプリットでカードを分けた場合は手札ごとに別のゲームとして扱うことになるので、再度ハードハンドもしくはソフトハンドのチャートを参考にすることになります。

 

 

ストラテジーチャートを使って実践してみよう!

ストラテジーチャートの見方と種類を覚えたら、さっそく練習問題を使って実践してみましょう。

こちらの問題ですぐに判断できるようになれば、オンカジでも問題なく使用できますよ!

 

練習問題1

プレイヤー: 合計「17」

ディーラー:アップカード「6」

まずは、ゲーム中頻繁に出現するハンドを例とした基本問題です。この場合の選択肢はベーシックストラテジーに従うとどうなるでしょうか?

プレイヤーはハンドQと7の合計「17」なので、ハードハンドのストラテジーチャートを参考にします。見てみるとアップカード「6」に対しては、ディーラーのバースト狙いでスタンドを選択すると最も勝率が高くなることが分かりますね!

 

練習問題2

プレイヤー: 合計「18」

ディーラー:アップカード「7」

今回はAと7が手札にありAを「11」とカウントするので、ソフトハンドのチャートを参考にします。表を見るとディーラーのアップカード7に対してはスタンドを選択するのがベスとなっているため、追加のカードは引かずにそのまま勝負しましょう。

 

練習問題3

プレイヤー: 合計「14」

ディーラー:アップカード「10」

最後は少しだけ難しくしてみました。プレイヤー側のハンドは7が二枚ということで、同じカードが初期手札に揃っているので、今回はスプリットのストラテジーチャートを参考にしてください。

表を見るとプレイヤーの7のダブルは、ディーラーのアップカードが「10」だった場合、ヒットをするべきだと書かれています。スプリットをすると賭け金が2倍になるので、このような勝率が低いゲームではダブルが来てもやらない方が良いということが分かりますね。

 

ベーシックストラテジーと一緒に使える必勝法

ベーシックストラテジーを覚えたら他の必勝法と組み合わせて、さらにブラックジャックの勝率を上げていきましょう。

ここでは、ブラックジャックと相性の良い攻略法を2つ紹介するので、是非参考にしてくださいね!

 

パーレー法

パーレー法 ブラックジャック

パーレー法は、ゲームで勝ったら勝った分だけ次のゲームの賭け金を上乗せして勝負するという、連勝を前提とした逆マーチンゲールとも呼ばれるシステムベットの手法です。

ブラックジャックのような2倍以上の配当金がもらえるゲームでは、上手く流れに乗ることで資金を倍々にして短期間に大きく稼ぐことが出来ます。

 

カードカウンティング

カードカウンティングはシステムベットとは違い、完全に技量が試されるブラックジャック限定のかなり効果的な必勝法です。

簡単に言えば場に出たカードを記憶して、勝率の高い場面で厚張りするというブラックジャックプレイヤー定番の手法です。

多くのカジノでは余りの強力さゆえに使用できないよう対策されてしまいましたが、それでも知っているかどうかの違いは、今後ブラックジャックをプレイしていく上で大きな差となるので、時間がある方はこの機会に是非とも習得しておきましょう。

 

ベーシックストラテジーを使って安定してブラックジャックで稼ごう!

よくある質問

ベーシックストラテジーとは?

ベーシックストラテジーは、ブラックジャックでプレイヤーの最適解のアクションをまとめた戦略です。ベーシックストラテジーは「ストラテジーチャート」という表によって記されています。

ベーシックストラテジーを利用すると勝率は上がりますか?

はい、ベーシックストラテジーはブラックジャックで勝率を上げるために使われる方法です。ベージックストラテジーに則って正しくプレイした場合の理論上の還元率は99%以上と言われています。

ベーシックストラテジーは必ず覚えなくてはいけませんか?

オンラインカジノでプレイする場合には、表を見ながらプレイすることが可能なので覚える必要はありません。しかし、ランドカジノでは表を見ながらプレイすることはできないため覚えた方が勝率を上げるためには必要でしょう。

ベーシックストラテジーを使えば必ず勝てますか?

いいえ、必ず勝てるわけではありません。あくまでも勝率をあげるために利用するものです。

ブラックジャックに関連する記事をもっと読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。