ブラックジャックのルールを徹底解説!

もくじ
Keita Maruyama
by Keita Maruyama

ブラックジャック(トランプ21)は、カジノゲームの中でも特に人気の高いトランプを使ったカードゲームです。

21(トゥエンティワン)という別名があるように、カードの合計数が、もっとも「21」に近い数字を出した方が勝利というシンプルなルールで、初心者でも簡単に始めることができます。

ブラックジャックは、やり方を一度覚えてしまえば、意外に簡単で勝ちやすいゲームだということが分かるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

この記事でわかること

  • ブラックジャックのルール
  • ブラックジャックのゲームの流れ
  • ブラックジャックの配当
  • ブラックジャックのマナー

おすすめのオンラインカジノ入金不要ボーナスも一覧でまとめています。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックは、ディーラー(親)とプレイヤーが対戦して行われるカードゲームです。

ジョーカーを除く合計52枚のトランプカードを1~8デッキ使用してゲームが行われます。※デッキ数はテーブルによって異なります。

まずは、ブラックジャックのカードの数え方から覚えていきましょう。

カードの数え方

  • 「 2 」~「 9 」の数字 →そのままの数字で数える
  • 「 J 」「 Q 」「K 」の絵札 →「10」として数える
  • 「A」→「1」あるいは「11」として数える※プレイヤーは自分の有利になる数え方を選べます。

ブラックジャック トランプ

数え方の例

練習として、カードの数え方の例を3つ挙げていきます。

例1)「J」と「3」の場合→ 10+3=13

ブラックジャック トランプ

例2)「A」と「8」の場合→ 1+8=9 もしくは 11+8=19

Aを1もしくは11と数えます。

ブラックジャック 数え方の例

例3)「A」と「K」の場合→ 11+10=21

※ Aと絵札いずれかの組み合わせで21になった場合を「ナチュラル」あるいは「ブラックジャック」と呼びます。

ブラックジャック 数え方の例

勝敗の決まり方

カードの合計数が「21」により近い数字で「21」を超えない数字を出した方が勝ちとなります。

また、合計数がぴったり「21」となることを「ブラックジャック」、「21」を超えてしまうことを「バスト(バースト)」と言います。

ブラックジャックはディーラー(親)よりも「21」に近いハンドを作ることを目指すゲームです。

以下に、プレイヤーが勝ち、負け、引き分けとなる条件を説明していきます。

〈 勝利 〉

  • ディーラーよりも「21」に近い数字を出す
  • デイーラーの合計数が「21」を超える(バストをする)
  • カードの合計数がぴったり「21」となる

※ 3枚以上のカードで「21」の場合と、2枚のカードで「21」の場合では、2枚のカードの方が強く勝ちとなります。

〈 負け 〉

  • デイーラーが「21」を出す
  • 自身がバストをする

※プレイヤーとディーラーの両方がバストした場合は、プレイヤーが負けとなります。

〈 引き分け 〉

  • プレイヤーとディーラーと合計数が同じ

ブラックジャックの遊び方|ゲームの流れ

ブラックジャックのルールや賭け方をゲームの流れに沿って説明していきましょう。

1.席にすわる

ブラックジャック ゲーム

まず、ブラックジャックを行うテーブルに座ります

2.ベット額を決める

ブラックジャック ゲーム

ベット額を選択しチップをベットエリア(ベッティングサークル)に置きます。

ブラックジャックの賭け方は、基本的に賭けたい金額のチップを置くのみです。

3.ベットが締め切られる

ブラックジャック ゲーム

カジノやライブカジノでは、ディーラーの「ノー モア ベット(ベット締め切り)」の合図でベットが締め切られます。

オンラインカジノの場合には、「ディールボタン(DEAL)」を押して賭けを決定します。

4.カードが配られる

ブラックジャック ゲーム

ディーラーとプレイヤーにそれぞれ2枚のカードが配られます。

プレイヤーには2枚とも裏返しで、ディーラーには1枚をオモテ向き(アップカード)で1枚は裏返しの状態です。

ディーラーのカードが1枚見えるというのが、このブラックジャックのポイントです。自分のカードとディーラーのカード、どちらの合計数が多いのかを予想する大事なヒントになります。

5.プレイヤーがアクションをする

ブラックジャック ゲーム

プレイヤーは配られた2枚のカードを見て合計数を計算し、「スタンド」「ヒット」「ダブルダウン」からアクションを選択をします。

  • スタンド(STAND):ディーラーに勝てそうだと判断したら「スタンド」。スタンドはカードをそれ以上もらわないという意味です
  • ヒット(HIT):もう1枚追加したほうがよいと判断したら「ヒット」
  • ダブルダウン(DOUBLE DOWN):あと1枚カードを引いて、賭け額を2倍にしたい場合には、「ダブルダウン」

6.ディーラーのアクションを待つ

ブラックジャック ゲーム

プレイヤーがアクションを終えたら、次はディーラーのアクションに移ります。

ディーラーはハンドが17以上になるまでカードを引きます。プレイヤーとディーラーのアクションが終われば、カードの合計数を確認します。

7.勝敗が決まる

ブラックジャック ゲーム

プレイヤーのカードの合計数がディーラーの合計数よりも大きいと勝ちとなり、チップは倍になります(配当1倍)。

逆に合計数が小さいと負けとなり、チップは没収されます。合計数がぴったり21(ブラックジャック)で勝った場合は、チップは2.5倍になります(配当1.5倍)。

勝敗が決まれば1セット終わり、次のゲームに移ります。

8.次のゲームへ

ブラックジャック ゲーム

  • ベット額を変更して、新しいゲームを始める場合は「ニューベット(NEW BET)」
  • ベット額を変更せずに、ゲームを続ける場合は「リベット(REBET)」

以上が、ブラックジャックの基本ルールとなります。

初心者の方には無料でブラックジャックをプレイする方法があります。お金を賭けずに練習することが可能なので、ルールをもっとよく理解してから実践したい場合には効果的な方法です。

ディーラーとプレイヤーの特別ルール

ブラックジャックには、プレイヤーだけに適用されるルールと、ディーラー側にだけに適用されるルールがそれぞれにあります。

プレイヤー側が有利となるルールがいくつもあるので、ぜひ覚えて上手く活用してください。

〈デイーラー側だけの特別ルール〉

ブラックジャックには、ディーラーだけに適用されるルールがあります。

  • カードの合計数が「17」を超えるまで、カードを追加(ヒット)する

  • カードの合計数が「17」になったら、カードは追加されない(スタンド)

〈プレイヤー側だけの特別ルールとアクション〉

プレイヤー側だけに適用される特別ルールは、戦術にも使えるアクションです。プレイヤーだけに与えられた特権とも言えます。

すべてのオプションが全テーブルで使用できるわけではありませんが、知っていれば配当を多くしたり、負け金を少なくすることも可能になるので覚えておいて損はありません。

◆ ダブルダウン(Double Down)

ダブルダウンは、もう1枚を引いて最初のべット額を2倍にして賭けることができるオプションです。

自分の持っているハンドに自信がある場合には、プレイヤーにとって有効に使うことができます。

勝てば2倍の配当が得られる反面、万が一負けてしまった場合には賭け金も倍になってしまうため、ダブルダウンは次のカードで何が出ても「絶対にバストしない」時だけに使うようにしましょう。

ハンドの合計数が12の時はダブルダウンはしないでください。

◆ スプリット(Split)

スプリットは、初めに配られた2枚のカードを1枚ずつにわけ、それぞれのカードにもう1枚ずつカードを追加することです。

つまり、2組のハンドで同時にゲームを続けることができるというわけです。

ただし、スプリットは最初に配られた2枚のカードが同じ数字のカード(ペア)の時のみ利用することができます。スート(ハートやクローバー)は関係ありません。

また、スプリットしたあとに何回でもヒット(カードを引く)することができます。

スプリットは、最初に配られたペアでは勝てそうもない場合や、ディーラーのカードがバストしそうな時に使うと良いでしょう。

◆ サレンダー(Surrender)

サレンダーは、最初に配られた2枚のカードのハンドで勝てないと思った場合には、プレイヤー自らが降参して勝負を降りることができるオプションです。

サレンダーした場合には、ベット額の半分が返ってきます。ちなみにサレンダーは日本語で「降参する」という意味です。

つまり賭け金の半分は取られてしまいますが、勝てる見込みがないので負け金を少なくすることができるわけです。

自分のハンドがとても弱く、ディーラーのアップカードが強い場合に使うのが有効です。

オンカジではサレンダーボタンを押してください。ランドカジノで、サレンダーのオプションが有る場合にはディーラーに「サレンダー」と伝えればOKです。

◆ スイッチ(Switch)

スイッチは、配られたカードの2枚目を、別のハンドと入れ替える(スイッチ)できるオプションです。エクスチェンジ(交換する)とも言われます。

カードの入れ替えをすることで合計点を「21」に近づることが可能なのでプレイヤーにとっては有効なオプションです。

「ブラックジャックスイッチ(Black Jack Swicth)」や「ブラックジャックエクスチェンジ(Blackjack Exchange)」という種類のブラックジャックで使用することができるオプションです。

◆ インシュランス(Insurance)

インシュランスは、ディーラーのアップカード(表向きに配られたカード)が「A」の時に選択をすることができるオプションです。

これは、アップカードが「A」の場合は、ディーラー側が「21(ブラックジャック)」になる確率が高いため、賭け金の半分を保険代として支払い、すでにベットしている賭け金を守ることができます。

結果ディーラーのカードが「21」になった場合には、保険料に対する2倍の配当が支払われ、保険料も戻ってくるため差し引きゼロとなります。「21」にならなかった場合には、保険料だけが取られ、賭け金は戻ってきます。

つまり、インシュランスをしてディーラーが「21」になれば損はないということになります。ただし、基本的にインシュランスは的中率が低く、プレイヤー側にとってあまり有益ではルールと言えます。

◆ イーブンマネー(Even Money)

イーブンマネーはインシュランスと同じく、ディーラーのアップカード(表向きに配られたカード)が「A」の時に選択をすることができるオプションです。

イーブンマネーも最初の賭け金の半額で、ディーラーがブラックジャックになるかどうかに賭けます。

インシュランスとに違いは、自分にブラックジャックが完成している時に使うという点です。

イーブンマネーを利用した場合には、ディーラーが「21」だった場合には1倍配当がもらえます。

ただし、自分のブラックジャックが確定していて、ディーラーが「21」とならなかった場合には、1.5倍の配当がもらえるわけですから、利用する価値はあまりないと言えます。

ブラックジャックの配当倍率

次に、ブラックジャックの配当やオッズ表記を説明します。

  • 通常の勝ち:1倍(ベット額と同額)テーブルに表示されている「1 TO 1」は1倍の意味
  • ブラックジャックで勝ち:1.5倍。テーブルに表示されている「3 TO 2」は1.5倍の意味
  • 引き分け:ベット額がそのまま返金される
  • 負け:ベット額が没収される

ブラックジャックのサイドベット

ブラックジャックでは、通常にベットする賭け方のほかにも、一部のテーブルではサイドベットとよばれる賭け方をすることもできます。

サイドベットには、最初にプレイヤーに配られる2枚のカードが対象となりパーフェクトペア(同じスートや数字など)と呼ばれる賭け方があります。

配当は、7倍~26倍と高配当が狙える方法ですが、長期的には損をしてしまう賭け方なのでむやみに手は出さないほうが賢明です。

ブラックジャックをプレイする際のマナー

ランドカジノで実際にブラックジャックをプレイする際のエチケットやマナーを紹介していきます。

  • アクションは必ず手の動作で伝達します。スタンドしたい場合には、手の平を下に向け左右に振り、ヒットしたい場合には、テーブルを軽く叩いてください。
  • サレンダーする場合には、口頭で「サレンダー」と伝えましょう。
  • 両手でカードを持たないようにしましょう。これは、プレイヤーが不正をしていると見られないためです。
  • カードが配られたらチップには触れないようにしてください。
  • 勝った場合には、テーブルの離れる際にディーラーにチップを渡しましょう。相場などはないので自身の気持ち程度を少し渡せばOKです。

オンラインで本物のディーラーとブラックジャック対戦!

ライブブラックジャック

オンラインカジノのライブカジノでは、実際に海外にあるスタジオをつながり、本物のディーラーとリアルタイムでブラックジャックが対戦できます。

また、世界中から参加している他のプレイヤーも同時に座ってゲームができるので、実際のカジノでプレイしているような雰囲気も感じることができます。

ルールが理解できたらぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

ブラックジャックの基本ルールは理解していただけましたか。

ブラックジャックは「ベーシックストラテジー」という基本戦略にしたがってプレイすると、還元率が98%に近くなります。これは、世界に存在する数多くのギャンブルの中でもかなり高い数字です。

そして、「カウンティング」などのブラックジャックの必勝法を組み合わせて使い頭脳戦を制することで最も勝ちやすいギャンブルとなる、プレイヤー有利のカジノゲームです。

ブラックジャックの頭脳戦をおすすめのオンラインカジノで楽しもう!

よくある質問

ブラックジャックでジョーカーは使われますか?

いいえ、ブラックジャックでは基本的にジョーカーは使用しません。ただし、アメリカの一部ではジョーカーを引くと21になる、といったルールで使用される場合もあります。オンラインカジノでは採用されていないルールです。

ブラックジャックのデッキはいつ交換されるのですか?

オンラインカジノでは一般的にはシューに納められているデッキを2/3程度消化したタイミングで交換されます。ゲームによって違いがありますので、特にカウンティングアなどの攻略法を活用する場合には事前に確認しましょう。

ブラックジャックのルールはどのカジノでも同じですか?

はい、ブラックジャックのルールは基本的にどのカジノでも共通です。しかし、ベット方法やゲームの進行方法などは、カジノによって異なる部分もあります。

ディーラーにAがある場合(Aと9)、Aは1と11どっちで数えますか?

Aと9の場合は、1として数え、ディーラはもう一枚ヒットします。そして、ディーラーはハンドが17になるまではカードを引き続けます。

ブラックジャックではディーラーの方が有利ですか?

ブラックジャックではディーラーとプレイヤーの両方がバーストした場合にはディーラーの勝利となります。その分、ディーラーの方が有利になります。

ブラックジャックのディーラーのルールは?

ブラックジャックでは、カードの合計数が「21」により近い数字で「21」を超えない数字を出した方が勝ちとなります。そのため21と呼ばれることもあります。

ブラックジャックはなぜ21とよばれるの?

ブラックジャックには、ディーラーだけに適用されるルールが2つあります。1つ目はカードの合計数が「17」を超えるまで、カードを追加(ヒット)すること。2つ目はカードの合計数が「17」になったら、カードは追加されない(スタンド)ことです。

ブラックジャックでは何枚配りますか?

ブラックジャックでは、プレイヤーとディーラーそれぞれに最初に2枚づつが配られます。ディーラーに配られたカードのうち1枚は通常表向きにテーブルに置かれます。プレイヤーのカードは裏返しで配られます。

ブラックジャックと21どちらが強いですか?

ブラックジャックとは、最初の2枚でハンドの合計が「21」となっている状態のことで、ブラックジャックで一番強い役です。

ブラックジャックとポーカーはどちらのルールが簡単ですか?

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーとの勝負であり、ポーカーはプレイヤー同士の勝負です。ブラックジャックではディーラーはルール通りにプレイするので、その分シンプルでわかりやすいと言えるでしょう。しかし、どちらもカードゲームとしての醍醐味は代わりません。

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。