ブラックジャックの必勝法|勝つために実践するべき方法

Hasumi Ayumu
by Hasumi Ayumu
もくじ
Hasumi Ayumu
by Hasumi Ayumu
ブラックジャックの必勝法

ブラックジャックは、カジノゲームの中でもプレイヤーの取れる選択肢が多く、常に頭を使う必要があるため頭脳戦のゲームだと言われています。

頭脳戦と聞くと何だか難しそうでと思われる方もいるかもしれませんが、実はブラックジャックほど勝ちやすくて攻略法が活きるゲームはなかなかありません

この記事では、今日から実践できる勝率をグッと上げるために有効な「ブラックジャックで勝つ方法」を解説していきます!

今までブラックジャックで勝てなかった方やこれからブラックジャックで稼いでいきたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

おすすめのオンラインカジノ入金不要ボーナスも一覧でまとめています。

ブラックジャックの必勝法|今日からできる勝ち方やコツ

オンラインカジノのブラックジャックで勝率を上げる、つまり勝利に導くにはコツがあります。

実践するかしないかで勝率がガラッと変わる必須テクニックを紹介していきます。オンラインカジノだからこそ使用できる攻略法もあります。

  • ベーシックストラテジーを使う
  • カウンティングを覚える
  • システムベットを活用して資金管理をする

それでは、それぞれの特徴とやり方を詳しく説明していきます。

1.ベーシックストラテジーを使う

最初のブラックジャック攻略法は「ベーシックストラテジー(基本戦略)」に従ってプレイすることです。

プレイ中では、1ゲームごとに即時に「ヒット」なのか、「スタンド」なのか、ほかのアクションなのかを瞬時に判断することは至難の業です。

ブラックジャックでは、自分のハンドとディーラーのハンドによって取るべき選択肢が変化するため、いちばん適切なアクションをするかどうかで勝率が大きく変わります。

そこで、プレイヤーが取るべき次のアクションを選択するのに役に立つのが『ベーシックストラテジー』です。

ベーシックストラテジーは、プレイヤーのハンド2枚とディーラーのオープンカード1枚の情報を元にして作成されており、理論上プレイヤーが取るべき最善のアクションが全て記されたチャート(表)になっています。

ベーシックストラテジーチャートには「ヒット(HIT)」、「スタンド(STAND)」、「ダブルダウン(DOUBLE DOWN)」、「スプリット(SPRIT)」の全てが選択肢として記されており、完全に従った場合の理論上の還元率(RTP)は驚異の99%超えとなります。

元々ブラックジャックのRTPは98%とかなり高く、勝ちやすいゲームなのですが、ベーシックストラテジーを使えば世界中で最も勝てる唯一無二のギャンブルとなります。

その2.カードカウンティングを覚える

次の、ブラックジャック攻略法は「カードカウンティング」です。

カウンティングを活用する事によりブラックジャックの還元率(RTP)は102%となります。理論上やればやる程プレイヤーが儲かるという異常とも言える数字です。

配られたカードをカウントし、自分のベット金額やアクションを変えていくというブラックジャックならではの攻略法で、カウンティングはあまりに強力過ぎるためランドカジノでは使用が確認され次第、出禁を言い渡されるほどの必勝法として有名です。

オンラインカジノでは、実際のトランプを使用したライブカジノのブラックジャックのみで効果を発揮できます。

場に出たカードを記憶し、シュー(カードの入った箱)に残っているカードの偏りを元にベットコントロールするので、習得するには瞬時の判断力や記憶力が求められ、常にカード全体を把握し、計算しなければなりません。

カウンティングの結果がマイナスになっている時はベット額を抑え、プラスになっている時に大きく勝負に出ることで、最も効率良くブラックジャックを攻略できるようになります。

その2.システムベットを活用して資金管理をする

2つ目のブラックジャック攻略法は「システムベット」を活用してプレイすることです。

システムベットならチップをコントロールすることにより決まった数回を勝つことが出来ればお金が増えていきます。カジノで稼ぎたいのであればシステムベットを活用しましょう。

また、システムベットを使うと気分に左右されずに賭けることができ、自然とメンタルコントロールをしながらプレイできるので、すぐに熱くなってしまう方やオールイン癖のある方には是非使って欲しい攻略法となっています。

今回は数あるシステムベットの中から、一気に利益を上げたい時に最適な「攻めのシステムベット法」を2つと資金を守りつつ少しずつ稼ぎたい時に最適な「守りのシステムベット法」を2つご紹介します。

攻めのシステムベット法

パーレー法

パーレー法は、逆マーチンゲール法とも呼ばれ、勝負に勝った場合、前回賭けた金額を倍にしてベットしていくという利益優先型の手法です。

パーレー法の図解

マーチンゲール法が損失分を回収するのに特化しているベット法なのに対して、パーレー法は余剰分の利益をいかに増やすかに焦点を当てています。

ブラックジャックはディーラーのハンドがやたら弱くプレイヤーが勝ち続けられる時間が割と頻繁にあります。パーレー法は、調子の良い時に使うと一気に資金を増やせる強力な手法です。

ただし、利益分を倍々して賭けていくため、利確する前に負けてしまうと一切利益が取れません。欲深さが出ると絶対に勝てないシステムベットでもあるので、3連勝したらヤメるなどのマイルールを設けて徹底する必要があります。

バーネット法(1326法)

バーネット法は、1、3、2、6の単位でベットしていく利益優先型の手法です。

バーネット法の図解

1単位が$2であれば2、6、4、12と賭けていくいうように非常にベットコントロールが簡単なベット法です。

勝ちと負けが交互になっている時や連勝連敗が短いスパンで繰り返される場合に有効な手法で、タイミングを合わせて「バーネット法」を活用することで勝率が50%を超えていなくとも勝ち越すことが出来ます。

守りのシステムベット法

フィボナッチ法

フィボナッチ法は、有名な数列「フィボナッチ数列」に従って賭けていく資金管理型の手法です。

フィボナッチ法の図解

フィボナッチ数列とは、「0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55……」と続いていく数列のことです。左2つの数字の合計が次の数字になっているという法則を持ちます。

フィボナッチ法では、左から2番目の1からベットを始めて、1敗するごとにベット額を右にずらしていきます。

例えば、1ドルベットでプレイしているのであれば、負けるごとに「1ドル→1ドル→2ドル→3ドル」というように数列に従ってベットしていき、一回でも勝つ事ができれば最初からやり直しです。

ベット額の増加が緩やかなため守りのシステムベット法として適している他、数列に従うだけでほとんど頭を使わずにベット額を決められるため、ブラックジャックのプレイに集中することができます。

10%法(テンパーセント法)

10%法は、常に自己資金の10%分のみをベットし続けるという非常にシンプルな資金管理型の手法です。

10%法の図解

例として、100ドル持っている状態で始めるのであれば、最初は100ドルの10%である10ドルをベットします。勝てば110ドルとなるため次は11ドルベット、負ければ90ドルとなるため9ドルベットと毎回ベット額を変えていきます。

大きく勝つことも負けることもありませんが、資金の増減が緩い分プレイの試行回数を稼げるため、理論上の期待値(還元率)が100%を超えるブラックジャックでは非常に有効です。

その他のシステムベット

  • モンテカルロ法・・・かつてカジノを潰したという噂があるほどパワーがあり一部ランドカジノで使用禁止となっていますがオンラインカジノであれば物理的に使用可能です
  • 31システム投資法・・・最大損失額が31単位となり非常に安定感のあるシステムベット
  • ウィナーズ投資法・・・マーチンゲール法を比較的低リスクに抑えたシステムベット

システムベットにはたくさんの手法があるので、ぜひ自分に合ったものを見つけてブラックジャックを攻略してみてください。

ブラックジャックの攻略法を実践しても勝てない原因は

ブラックジャックの攻略法を実践しているにも関わらず収支がついてこなかったり、負け続けてしまうことも多くあります。

では、ブラックジャックは理論上勝てるはずなのに、なぜ勝てないのか?

ここからは、ブラックジャックで勝てない原因と期待値(還元率)の考え方から見る解決法をお伝えしてます。

一時的な下ブレ

ブラックジャックで攻略法を実践しても勝てない最大の理由は、一時的に下ブレを食らっているからです。

理論上勝てるからといってカジノゲームを始めとしたギャンブルに絶対はありません。「これは勝った!」と思ったハンドから、ディーラーが驚異的な引きを見せて負けてしまうなんてことはブラックジャックをやっていれば毎日のようにあります。

例えば、ディーラーのハンドが7で、こちらが20を持っていた場合に、ディーラーが7を3枚引いてきて21になったら不正を疑いたくなりますよね。しかし、そういったことが起こり得てしまうのがブラックジャックですし、運が悪ければそういったハンドが続いて負け越すこともあるのです。

プレイングが間違っていないのであれば何も悪いことはありません。そういった不運が続いたが故にベーシックストラテジーに則っていないプレイに切り替えてしまうのが一番の負け道となるため、一時的な下ブレには辛抱強く耐えましょう。

ひたすらプレイを重ねて、期待値を積んでいくことで下ブレはいずれ解消していきます。さらに、下ブレがあるのであれば、必ず上ブレも存在するので、大きく収支が伸びるタイミングが来ることを疑わずに頑張るのが大事ですよ!

期待値は収束する

ブラックジャックに限らず、理論上勝てるギャンブルをプレイする上で必ず頭に入れておくべき考え方が「期待値は収束する」という考え方です。

ブラックジャックであれば最大還元率は102%と言われていますが、前述したように下ブレが続いて負け続けてしまうことも珍しくありません。

しかし、理論上プラスなのであれば、何回も何回もプレイして試行回数を稼ぐことが何よりも重要です。

ギャンブルは常に上ブレと下ブレを続けますが、回数を何千、何万とこなしていけば、いずれは期待値(還元率)通りの数値に収束していくのです。

勝っているプレイヤーは、この「期待値は収束する」という考え方を身につけているので、一時的に負けていようが、期待値以上に勝ち越していようが、一喜一憂することなく淡々とプレイをこなして稼ぐことができるのです。

なお、「期待値を積み重ねても勝てない!」、「どうしても負けが込んでメンタルがブレてしまう」といった時は過去の上ブレを思い出したり、今後のことを考えてみましょう。

「あの時勝ててたし今一時的に勝てないのは仕方ないか」と考え方を変えてみたり、「今の下ブレがあるからこそ今後上ブレが来てくれる」とポジティブな気持ちを持つようにしたりすると、期待値に縛られ過ぎず楽になりますよ!

✅合わせて読みたい!ブラックジャックの確率を解説

ブラックジャックを攻略する上で最も重要なこと

ブラックジャックのみならず、オンラインカジノをプレイするのであれば、資金管理とメンタル管理が何よりも重要です。

負けた時は深追いせず冷静になって損切りしたり、自分の決めた軍資金内でプレイしたり、いくら勝ったらやめるというマイルールを設けたりと、絶対的なルールを決めて制御することで自然と勝てるようになっていきます。

間違っても、理不尽な負けが続いたからといってオールインをするなんてことは避けてください。

自らをコントロールできるか否かが、勝ちプレイヤーと負けプレイヤーの最大の違いなので、勝ちたいのであれば、メンタル&資金管理ができるよう徹底しましょう!

まとめ

ブラックジャックの必勝法について、3つの重要な攻略法と勝つための考え方を解説しました。

これまで、その時の気分や勘でプレイしていた方は攻略法を実践するだけでも面白いほど勝率が上がるので、ぜひ実践してみてくださいね!

また、もし負けが続いてしまっても、正しいプレイをしていれば必ず収支がついて来ると信じて着実にプレイを重ねましょう。勝ちプレイヤーへの道はすぐそこですよ!

ブラックジャックの必勝法をおすすめのオンカジで活用して勝率を上げまくろう!

 

ブラックジャックに関連する記事をもっと読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。