ブラックジャック用語まとめ

もくじ
Hanbee Ohta
by Hanbee Ohta
カジノゲームの中でも最も勝ちやすい人気のゲーム「ブラックジャック」。 この記事では、ブラックジャックをプレイする時に知っておきたい用語を一覧でまとめています。また、テーブルについても説明もしています。 おすすめのオンラインカジノオンカジの入金不要ボーナスも合わせて参考にしてください!

ブラックジャック用語

  • アップカード(Up Card):最初に配られる表向きのカードのこと

  • ホールカード(Hole Card):ディーラーの裏向きに伏せられた2枚目のカードのこと

  • ベッティングサークル(Betting circle):プレイヤーがベットする際にチップを置く場所のこと。ベットエリアとも言われます。

  • ナチュラル(Natural):アップカードが「A」と「10」もしくは「絵札」で合計「21」になった時のこと。「ナチュラル21」とも呼ばれます
  • バスト(Bust):カードの合計数が「21」を超えてしまうこと。「バースト」とも言います
  • ヒット(Hit):カードを追加で1枚引くこと。プレイヤーはバストするまで何枚でも引くことが可能です。ランドカジノでは、テーブルを軽く叩くのがヒットの合図となります
  • スタンド(Stand):カードをこれ以上追加しないで待つこと。ランドカジノでは手のひらを下に向け左右に振ることがスタンドの合図となります。
  • ステイ(Stay):スタンドと同じくカードをこれ以上追加しないで待つこと
  • ハンド(Hand):持っているカードのこと
  • ソフトハンド(Soft Hand):「A」を「11」でも「1」でも好きなように数えること。
  • ハードハンド(Hard Hand):手持ちの合計数が「12」以上のこと。次のヒットで「10」が来た場合にバストしてしまう。もしくは、「A」を「1」としてしか数えられない状態や「A」がない状態ハンドのこと。
  • プッシュ(Push):引き分けのこと
  • ダブルダウン:賭け金を倍に増やしカードを引くこと。ダブルダウンした場合にカードを引けるのは1枚のみです
  • スプリット:ハンドを2つに分けること。主にA(エース)が2枚来た時などに使われます
  • インシュランス:ディーラーがブラックジャックになることに賭け金の半分を賭けること。ディーラーのアップカードがA(エース)だった場合のみ選択出来るオプション
  • ミニマムベット(Minimum Bet):賭ける最低金額のこと
  • マックスベット(Max Bet):賭ける最高金額のこと
  • ノーモアベット(No More Bet):ベット時間締め切りの合図でディーラーがいいます
  • DEALER MUST HIT SOFT 17:ディーラーはカードの合計数がソフトハンドの「17」になるまでヒットするという意味。ブラックジャックのテーブルによく書いてあります。
  • DEALER MUST STAND ALL 17:ディーラーはカードの合計数がソフトハンドでもハードハンドでも「17」になればスタンドするという意味。ブラックジャックのテーブルによく書いてあります。
  • BLACJJACK PAYS 6 TO 5: ブラックジャックで勝った場合には1.2倍支払われるという意味
  • INSURANCE PAYS 2 TO 1:インシュランスをした場合には、2倍支払うという意味
  • NO MID DECK ENTRY : シャッフルとシャッフルの間の途中参加はできないという意味

ブラックジャックのテーブル説明

ブラックジャックのテーブルは、ディーラーを正面にして、プレイヤーが座っています。一般的に最大7人まで座ることができますが、その中でもディーラーに面した右の席が一番良い席と言われています。 ブラックジャックのテーブル
  • チップ:ABSプラスチック製もしくは粘土製、セラミック製のチップが使われます

  • ベットエリア:賭けるチップを置く場所

  • カードシュー:ゲームで使うトランプカードが収めている箱

  • ディスカードホルダー:使い終わったトランプカードを収納する箱

ブラックジャックに関連する記事をもっと読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。