オンラインギャンブル市場は2027年までに1505億ドルの成長予測

Keita Maruyama
by Keita Maruyama

英国の調査会社Technavio社のレポートによると、世界のオンラインギャンブル市場は今後2027年までに1505億ドルの成長、年間平均成長率は11.03%のベースで増加していくとの予測が発表されました。

 

オンラインギャンブル市場はスマートフォン市場の拡大と比例して成長

オンラインギャンブル市場拡大の最大の立て役者とされているのがモバイルゲームです。モバイルゲーム需要の高まりが市場全体の成長を顕著にけん引しています。そして、モバイルゲーム需要拡大の背景には、スマートフォンのさらなる普及があります。

スマートフォンは今後デバイスそのものの平均販売価格の低下が期待され、それにより更に利用層が増加していくと予想されています。スマートフォンはカジノゲームをプレイするための最も重要なインターフェースであり、モバイルカジノなどオンラインギャンブル市場はスマホ市場の拡大に比例していくだろうとアナリストは予想しています。

 

オンラインギャンブル市場の成長における課題

市場の成長を妨げる主な課題は今まで3つの要素が挙げられています。

  • データセキュリティ問題
  • プラットフォーム自体の信頼性
  • ギャンブル依存症対策基準の欠如

これらに加え、詐欺やサイバー攻撃からの対策も新たな課題としてあります。すでに詐欺やサイバー攻撃の格好の標的となっているオンラインギャンブルサイトも出始めており、これらの攻撃からの対策は緊急的な課題だとされています。

 

オンラインギャンブル市場をけん引するのはアジア太平洋地域

オンラインギャンブル市場の成長をけん引していくと予測されるのはアジアで市場成長の39%に相当する見込みです。インド、日本、オーストラリア、韓国などの国々を筆頭に成長するとみられ、オンラインギャンブルは国として非合法であるものの、中国市場もその成長に貢献するものと予想されています。

アジアの次には北米地域での成長が予測されています。既にアメリカではスポーツベッティングを中心に、ポーカー、ビンゴ、宝くじゲームの普及が既に進み、オンラインギャンブル市場の更なる拡大への土壌ができつつあるとの見方のようだ。

ゲーム感覚で遊べるオンラインカジノに、ギャンブルとしての敷居が比較的低いスポーツベットなど、オンラインギャンブルと一言にいっても内容はさまざまあり、法整備が一向に進まず停滞気味の日本とは正反対に市場は間違いなく右肩上がりの気配を見せています。

この機運を見定めることが出来るかどうか?現状決して少なくない日本のユーザーは、世界の波を明らかにもう実感しているのではないでしょうか?

 

入金不要ボーナスオンラインカジノボーナスも一覧でまとめています。

 

ニュース&ブログ

大阪 カジノ
大阪IRの工事が遂に開始!カジノの完成はいつ頃になる?
2024年2月 | by Hasumi Ayumu
続きを読む
Play’n goが最高記録を樹立!オンカジスロットの勢いが止まらない!
Play’n goが最高記録を樹立!オンカジスロットの勢いが止まらない!
2024年2月
続きを読む
海外カジノ
海外でカジノデビューしたい方必見!初めてのカジノにおすすめのスポット5選!
2024年2月
続きを読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。