Ai Ehara
by Ai Ehara
黄昏時の長崎の港

大阪府と長崎県は、政府の意見の有無にかかわらず、統合型リゾート(IR)を進めています。府・県は、カジノリゾートの提案書を提示した唯一の都道府県で、プロジェクトにさらなる資金を投入する用意があるようです。

長崎と大阪は統合型リゾートの準備を進めており、そのための支出をそれぞれの予算に盛り込んでいます。IRの提案提出期限は約1年ほど前、当初は2022年末までに日本政府が何らかの決定するとの見方がありました。

しかし、その後、政府側からは何の進展も見られていません。それでも大阪と長崎は、近いうちに政府はIRの許可を下すと確信しており、新年度予算に、リゾート施設建設費を増額しています。

 

IR推進で足並みはそろえど府県の動きは真逆

長崎県は、4月から始まる来年度予算に15億2000万円を計上したました。県は、国からの回答がないにもかかわらず、2027年までには第1期IRを開設できると見込んでいるようです。

長崎県はIR計画について、カジノス・オーストリアと提携しています。両者は4,383億円(38億米ドル)のプロジェクトを構想しているが、費用の内訳はまだ示されていません。

長崎県は、2023-2024年度予算において、IR推進部門に4億2700万円(316万米ドル)近くを計上しています。昨年比147%増加に値する額となります。そのうち9900万円(733,491米ドル)は検査費用に、9300万円(689,037米ドル)は旅行施設の改善費用に充てるとしています。

また、7100万円(526,039米ドル)は、会議、インセンティブ、展示会スペースに関する企画活動として計上されており、予算からPR活動の規模がある程度予想できます。

また長崎県は、ギャンブル依存症対策として1億5730万円(1165万ドル)も確保する予定で、政府によると、これは昨年比の3倍の額にあたるといいます。

 

一方大阪は逆の構えを見せている

大阪府はIRへの支出を制限する模様です。IR関連として6億円(450万ドル)の予算を割り当てたが、これは長崎県の3分の1程度の金額になります。

また、GGRAsiaによると、この予算は昨年比6.4%減になり、その内訳は、1億1500万円(852,035米ドル)が「政治的措置」で、残りすべてを「人件費」としています。

大阪府は、MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックス株式会社、そして地元企業も加えて、複数参加型でのIRの実現を目指しており、初期投資額は1兆800億円(80億ドル)としています。

IRは当初2027年、2029年に開業する可能性がありましたが、政府の先延ばしはますます濃厚化しており、さらなる遅延が予想されています。

先述した大阪府が提携を発表したMGMリゾーツ・インターナショナルCEOのウィリアム・ホーンバックル氏は今月初め、開発の第一段階は2030年以降になる可能性があると示唆しています。

 

おすすめのオンラインカジノ入金不要ボーナスも一覧でまとめています。

 


 

ニュース&ブログ

Play’n GOから夏がテーマの最新スロットがリリース!
Play’n GOから夏がテーマの最新スロットがリリース!
02 July 2024 | by Hanbee Ohta
続きを読む
タイでカジノ合法化が前進 2024年内のカジノ法案成立に期待
タイでカジノ合法化が前進 2024年内のカジノ法案成立に期待
23 June 2024
続きを読む
Octoplay社が最新スロット「Dystopia: Rebel Road」を発表!
Octoplay社が最新スロット「Dystopia: Rebel Road」を発表!
27 May 2024 | by Hanbee Ohta
続きを読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。