BGamingとStakeがプレイヤーの選好分析をしたスロットを共同開発

もくじ
Kazama Shin
by Kazama Shin

ゲームプロバイダー「BGaming(ビーゲーミング)」と仮想通貨カジノ「Stake(ステーク)」が提携して新しいスロットを開発しました。

オンラインユーザーの好みを反映し、さらにゲーム実況を配信するストリーマーをも意識した「Wild West Bonanza(ワイルドウエストボナンザ)」が2022年9月16日にリリースされました。

今後のカジノゲームの制作における進化を感じさせるスロットに仕上がっています。

 

オンラインカジノのボーナス入金不要ボーナスも一覧でまとめています。

 

最新スロット「Wild West Bonanza」

西部劇をテーマにした「Wild West Bonanza」は、オンラインカジノとプロバイダーが保有するデータを元にプレイヤーの選好分析を用いて開発されました。

そのため、プレイヤーが好むボーナス機能をすべて備えています。フリースピンモードではリール上にマルチプライヤーが出現し、最大100倍のマルチプライヤーが発生し、最大配当倍率が15000倍という爆発力が特徴。

リールは6×5で、同じシンボルが8つ以上揃えば配当が発生、スキャッターシンボルが4つ以上揃うと10回分のフリースピンを獲得する仕様です。

鮮明なグラフィックと迫力のある効果音、UI/UXを意識した使いやすさ兼ね備えている新たなオンカジスロットが今後のiGaming業界を変えていくかもしれません。

Wild West Bonanzaはステークカジノのみでプレイ可能です。

 

あらたなスロットのテーマは「パーソナライゼーション」

すでに飽和状態であるiGaming市場がさらなる成長を遂げるためには、ゲームのパーソナライゼーションが鍵になると考えられているようです。

すでにオンラインカジノ業界以外の市場ではビッグデータとパーソナライゼーションが活用されています。

 

オンラインスロットはまだまだ進化する可能性がある

オンカジでも常に人気の高いスロットは今後、さらに進化する可能性があります。AIを活用することでユーザーの好みを反映したデザインのスロットが設計されることにもなるからです。

たとえば演出につながるグラフィックやアニメーション、効果音をAIの活用で生み出すことになるかもしれません。あるいはリール構成など基本的なゲーム設計そのものも、まったく新しいスタイルのものが構築される可能性もあります。

スロットゲームは成熟したように思えますが、これからは想像もつかないような新しい機能が備わるかもしれません。ゲームデザインを生み出すのは人間のデザイナーではなく、ユーザーのパーソナライゼーションを目的にデータ分析をするAIになるかもしれないのです。

 

AIがデザインするスロットのリスク

一方で、AIがデザインするオンラインスロットにはリスクが生じる可能性もあります。

スロットはカジノが収益を生み出すものである以上、よりお金を投じるユーザーの満足度を高めるよう設計する可能性があります。つまりギャンブル依存症にもつながるような魅力が「ありすぎる」機能を生み出すかもしれないということです。

そしてユーザーが攻略法を考え出す余地を与えないような複雑なゲーム性を備えたスロットを設計する可能性もあります。

 

ニュース&ブログ

大阪 カジノ
大阪IRの工事が遂に開始!カジノの完成はいつ頃になる?
2024年2月 | by Hasumi Ayumu
続きを読む
Play’n goが最高記録を樹立!オンカジスロットの勢いが止まらない!
Play’n goが最高記録を樹立!オンカジスロットの勢いが止まらない!
2024年2月
続きを読む
海外カジノ
海外でカジノデビューしたい方必見!初めてのカジノにおすすめのスポット5選!
2024年2月
続きを読む

お得なボーナス情報をお届けします!無料登録はこちらから ☟

登録をもってご本人が18歳以上と同意されたものとみなします。